人気ブログランキング |

幼稚園の時に自閉症と診断され、IQも70台で知的障害ギリギリだと言われた息子を、中高一貫の中学に入れるための挑戦を記録します


by チョコママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

N第2回 育成テスト

ここに書くのを忘れていたのだが、Nの育成テストの結果が出た。
2回目は、新型コロナの影響で全員自宅受験だった。

他の人のブログを見ると、4科目を別々の日に受けさせたり、時間を延長したりと、「工作」が行われた人もいた様子。
クラス分けには関係ない試験とのことで、子どもの負担を少なくしたのだろう。

トロ太は親から見て、はっきり言って勉強不足だった。
四則混合算が難しかったらしく、拒否してしまったのだ。栄冠と本科テキストは解いたが、それ以上の復習はしようとしなかった。

その割には、点数取れていたのだが。
しょうもないミスや表記での減点が少なくなったので、そこでカバーされたのだろう。

社会と理科はグン!と上がっていた。得意分野なだけある。
クラス分けには関係ないテストとされているのが悔しいくらいだ。

しかし、もちろん課題もある。
社会と理科はできても、国語と算数の成績がさほど良くないのだ。
これがトロ太が下位クラスにいる理由だろう。
全体の平均よりは上を行っているのだが、上位クラスの平均にはおそらく届いていないのだ。
共通問題で点を落とさないように準備させたい。

次の試験には、四則混合算の逆算がある。これまた鬼門だ。
栄冠をさせてみたが、涙目になっていた。
そのわりに「まるでわかっていない」間違いはなかった。つまり、本人がこれは難しいと思い込みすぎているのだ。これは良くない。
できるのに、できないと思い込んでいる。
自分はこれが苦手だと自己暗示をかけているのと同じなのだ。
トロ太にはできる!ということを信じさせなければならない。

3回目の育成テストの理科は、植物が範囲になる。
無脊椎動物は既存の知識が多かったので楽勝だったのだが、植物はトロ太の興味の範囲外。驚くほど知識がない。それをテキストレベルにまで持っていくのは、なかなか難しい。

トロ太には自閉症の特性である驚異的な暗記力がある。しかし、それは「興味のある対象」にのみ発揮される。興味ある範囲でなくても記憶できるようにしていかなければならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村

by jiheisyoo-blog | 2020-03-18 14:06 | 成績